静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

富士山遺産センター、専任研究員5人常駐へ 富士宮

(2017/2/27 17:15)

 川勝平太知事は27日の静岡県議会2月定例会代表質問で、富士宮市に整備中の富士山世界遺産センター(仮称)に専任の研究員5人が常駐して調査研究や資料収集に当たり、「富士山学の拠点」を目指す方針を示した。早川育子氏(公明党県議団、富士市)に答えた。
 世界遺産センターは12月23日の開館を予定する。知事は、7月に建物本体が完工し、10月末には施設全体が完成する見通しを示し、同センターの設置管理条例案を県議会6月定例会に提出する方針も明らかにした。
 知事は「施設の特徴を最大限に世界に向けて情報発信する。富士山の歴史や文化に関する総合的、学際的、国際的な調査研究や、絵画などの研究資料の収集を進める」と説明。活動成果を企画展示や国際シンポジウム、富士山を守る人材育成などに生かすとした。また、センターに親しみを持ってもらうため、シンボルマークの登録作業を進める方針も示した。周辺施設との企画展やセミナーの共同開催、周遊プランの作成などを通じ、地域との連携を強化するとした。

世界遺産 富士山の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト