静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

富士山開山日、17年もそろわず 静岡県7月10日、山梨1日

(2016/12/23 07:58)

 山梨県は22日、富士山周辺自治体や観光団体などでつくる検討委員会の会合で、2017年夏の富士山の開山期間を同県側(吉田口)は16年夏と同じ7月1日~9月10日にすることを確認した。既に7月10日~9月10日と決めた静岡県側とは開山日がそろわない状態が続くことになった。
 開山期間のずれは、13年の世界遺産登録後に登山者の安全性などの面から問題提起された。16年夏は山梨県が閉山日を前倒しし、静岡県と同じ9月10日に統一した。
 しかし、開山日は山梨県側が神事の関係で毎年7月1日に設定。静岡県側は雪解けの状況などから前倒しが困難とされる。このため、山梨県側の開山の後も、静岡県側が管理する山頂付近のトイレや山小屋が利用できない実態がある。
 山梨県の担当者は「7月1日に開山するという吉田口の伝統を尊重する」と説明。静岡県の担当者も「無理に統一せず、期間が異なることを登山者に情報提供したい」としている。
 一方、検討委は会合で、吉田口5合目に通じる富士スバルラインのマイカー規制期間を、開山期間全日に当たる63日に延ばすことも決めた。環境保全のため延長すべきとの意見が出たためで、過去最長になる。
 静岡県側の富士山スカイライン(富士宮口)とふじあざみライン(須走口)のマイカー規制の日数は、17年1月に固まる見通し。

世界遺産 富士山の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト