静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

島田の高校生が「お仕事ラジオ」 地元企業の現場リポート

(2018/6/21 17:01)
現場収録で、社員に質問を投げかける生徒たち=6月中旬、島田市の矢崎計器島田製作所
現場収録で、社員に質問を投げかける生徒たち=6月中旬、島田市の矢崎計器島田製作所

 島田市のFM島田で24日から、高校生が若者目線で市内企業を紹介するラジオ番組「高校生、島田のお仕事現場を行く!」が始まる。月1回、市内の各校から集まった5人が企業を訪ねて取材し、20分番組を製作する。
 市や高校、商工会議所などが2月に結んだ包括連携協定に基づく事業。身近な企業の魅力を高校生たちに発信してもらい、地元就職を促そうと企画した。メンバーは各校から1人ずつ、立候補などで選出された。
 生徒らは月1回、放課後に企業で現場収録を行い、社員から話を聞いたり、社内を見学したりする。後日スタジオで感想を収録する。企業の選定は商議所などの協力を受ける。
 12日の放課後、矢崎計器島田製作所で行われた最初の現場収録では、同社総務部の案内でメーターの製造ラインや社員食堂などを見て回った。生徒たちはメモを取ったり、「社員の男女比は」などと質問したりした。
 ラジオが好きで参加を決めた島田商業高1年の女子生徒(15)は「一つのメーターを作るためにかなりの人が関わっていることに驚いた」と話し、島田樟誠高3年の男子生徒(18)は「新しい時代を感じるような製品を作っていてすごいと感じた。ラジオでは素直な感想を伝えたい」と話した。
 FM島田の遠藤英明ディレクターは「別々の高校の生徒が集まり、現場収録から携わる番組は珍しいのでは」と強調。「番組を通じ、地元で働くという選択肢が生まれてくれれば。地元愛を育んでほしい」と期待を寄せる。
 放送エリアは島田市と志太榛原地域の周辺市町だが、FM島田ウェブサイトではエリア外からも視聴できる。初回は24日午前10時10分~30分。2019年3月まで毎月1回(再放送含め2回)放送する。

DeePopの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト