静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

アートをネット競売、熊本城復興へ寄付 浜松学芸高生が制作

(2017/9/2 08:50)
熊本市に義援金を届ける代表生徒ら=熊本市(浜松ベジタブル提供)
熊本市に義援金を届ける代表生徒ら=熊本市(浜松ベジタブル提供)
熊本地震により崩落し、復旧工事が始まった頃の熊本城の飯田丸五階櫓(やぐら)。名城復活にはまだ時間がかかる=2016年7月、熊本市中央区
熊本地震により崩落し、復旧工事が始まった頃の熊本城の飯田丸五階櫓(やぐら)。名城復活にはまだ時間がかかる=2016年7月、熊本市中央区

 昨年4月の熊本地震で被災した熊本城の復興に役立ててほしいと浜松学芸高(浜松市中区)の生徒がこのほど、自ら制作した芸術作品のネットオークション販売などで集めた約14万円を熊本市に届けた。同校生徒の熊本地震復興支援活動は2年目。熊本市を訪れた生徒会長の田辺光さん(16)=2年=は「震災の傷は今も残っている。活動を引き継いでいきたいという気持ちが強まった」と話す。
 活動は、熊本県大津町に関連会社を来春設立する野菜卸・加工の浜松ベジタブル(南区)との産学連携プロジェクトの一環。昨年は同校文化祭に同社が出した模擬店の売上金を同県や大津町に贈った。今年は模擬店で集めた約11万4千円に、芸術科の美術課程・書道課程の生徒による慈善オークションの売上金約3万円を加え、熊本市に寄付した。
 復興支援を掲げたオークションは4月から約1カ月半行い、「愛」をテーマに生徒が手掛けたガラス絵、書など約70点を出品した。全国から約60点に入札があり、約5千円の高値を付けた作品も。落札者からは「愛の形が手元に届きました」「すばらしい機会をありがとう」などとメールも届いた。

DeePopの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト