静岡新聞NEWS

ラグビーW杯、映像で盛り上げ 17日まで袋井・愛野駅前

(2019/3/16 07:40)
モニュメントに投影されたプロジェクションマッピング=15日夜、袋井市のJR愛野駅前
モニュメントに投影されたプロジェクションマッピング=15日夜、袋井市のJR愛野駅前

 開幕が迫るラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向けて機運を盛り上げようと、袋井市は17日まで、エコパスタジアム最寄りのJR愛野駅南口でW杯にちなんだプロジェクションマッピングを実施している。
 エコパスタジアムで試合を行う8カ国の選手がプレーする様子や応援で盛り上がるファンなどをまとめた動画に加えて、2020年東京五輪で同市をベースキャンプ地にするアイルランドとの交流をテーマにした映像を駅前のモニュメントに投影している。市はプロジェクションマッピングを通じて、市民らが撮影した動画や写真が会員制交流サイト(SNS)で拡散されることを狙う。
 投影が始まった15日夜、駅南口ではオープニングセレモニーが開かれ、集まった市民ら100人以上がカウントダウンを行った。17日までの午後6時半から9時の間、繰り返し投影される。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト