静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

軽戦車帰還へ資金調達 御殿場のNPO、博物館計画

(2019/2/2 08:50)
九五式軽戦車の帰還を実現するため、クラウドファンディングを始めた小林雅彦代表理事=1日午後、御殿場市
九五式軽戦車の帰還を実現するため、クラウドファンディングを始めた小林雅彦代表理事=1日午後、御殿場市

 欧州に渡った旧日本陸軍の「九五式軽戦車」の帰還プロジェクトに取り組んでいる御殿場市のNPO法人防衛技術博物館を創る会が、修復と購入の費用を調達する「クラウドファンディング」を始めた。市内に設立を目指す博物館に展示する計画。小林雅彦代表理事は「当時の日本の技術力の高さが分かる。国内で継承したい」と熱い思いを語る。
 九五式軽戦車は太平洋戦争時に偵察や連絡用として使われた。世界に数十台現存するとみられるが、国内には1台もない。
 かつて国内に展示されていた車両の購入をわずかな差で逃した小林代表理事の元に2017年、所有者の英国人から購入と修復費用支援の依頼があった。18年6月に手付金として1千万円を支払い、購入の権利を得た。
 必要な費用は手付金を含めて1億円。5月末までに残りの9千万円を支払う必要がある。小林代表理事は「修復の労力や部品代を考えると安い」。寄付を募り、これまでに約2千万円を確保した。さらに多くの人の協力を得るためクラウドファンディングに着目した。
 目標金額は5千万円。クラウドファンディングサイト「レディーフォー」で4月末まで支援を募る。問い合わせは同法人<tank@k-m-d.co.jp>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト