静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

人結ぶ、おむすびカフェ 焼津駅北、常葉大生が運営

(2019/1/15 07:50)
常葉大生がコミュニティーカフェとして運営する「むすびカフェ」=焼津市駅北
常葉大生がコミュニティーカフェとして運営する「むすびカフェ」=焼津市駅北

 常葉大の女子学生6人が、地場産品を使ったおむすびなどを提供する「むすびカフェ」を焼津市駅北で運営している。「おむすびを通じて人と人をつなげたい」と、地域の交流スペースになることを目指している。
 同大社会環境学部2年生で同市在住の酒井美奈さん(20)が焼津駅周辺に気軽に立ち寄れるカフェが少ないと感じ、同じ学部の友人と計画した。昨年2月から毎週話し合いの場を設け、県外の学生カフェなどを視察。「コミュニティーカフェ」「焼津市の魅力発信」などのコンセプトを決めた。「学生団体フレーズ」を発足させ、飲食店営業の許可を取得した上で、昨年11月に営業を始めた。
 休業状態だった居酒屋を格安で借りている。おむすびのメニューは4種類ほどで、焼津産のかつお節やマグロのつくだ煮を取り入れた。
 店に「カフェノート」を置き、客に気付いたことを書いてもらったり、会話を通じて要望を聞いたりして、改善策を模索している。
 メンバーの山本純礼さん(20)=富士市=は「来た人が交流しやすいようにトークイベントやワークショップも開きたい」と話す。兼子みさとさん(20)=磐田市=は「お客さんとは必ず会話するようにしている。柔軟に意見を取り入れ、息の長い経営を目指したい」と、真心を込めておむすびを握る。
 毎週土曜午前11時から午後8時まで営業。問い合わせはフレーズ<cafe.phrase@gmail.com>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト