静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ふたご座流星群の出現ピーク 富士宮・朝霧高原でも観測

(2018/12/14 12:24)
冬の夜空と富士山を彩る「ふたご座流星群」=14日、富士宮市(午前1時40分から2時35分までに撮影した3枚を合成)
冬の夜空と富士山を彩る「ふたご座流星群」=14日、富士宮市(午前1時40分から2時35分までに撮影した3枚を合成)

 三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が出現のピークを迎えている。国立天文台によると、流星の動きが最も活発になるのは14日午後9時ごろ。月が沈む深夜からが観察しやすくなる。街明かりのない暗い場所では、多ければ1時間に40個程度が見られるという。
 富士宮市の道の駅朝霧高原からは13日夜から14日未明にかけて、冬の夜空と富士山を彩る流星が観測できた。訪れた天体ファンらは流星を見つける度に歓声を上げた。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト