静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

野球少年支える母の奮闘 浜松・天竜区の神川さんが出版

(2018/12/5 17:28)
「野球母ちゃん」を出版した神川靖子さん(左から2人目)と声を寄せた野球母ちゃん、父ちゃんたち=11月下旬、浜松市天竜区
「野球母ちゃん」を出版した神川靖子さん(左から2人目)と声を寄せた野球母ちゃん、父ちゃんたち=11月下旬、浜松市天竜区

 浜松市天竜区龍山町の会社員神川靖子さん(49)が、少年野球を支える母親たちの姿をつづった「野球母ちゃん」(新評論)がこのほど、出版業界の野球ファンによる第8回出版野球会ビブリオバトルで準優勝書籍に選ばれた。父子家庭のおい(現高校1年)の母親代わりとして野球に携わって9年目。泣き笑いを共にしながら、野球少年と一緒に成長していく母親たちの姿を飾り気なく描いた。
 おいは小学2年で地元野球少年団に入団。神川さんは週末の練習や試合の送迎、洗濯、記録係など未知の仕事に奔走した。「母親の仕事やおいの成長を記録するメモ代わり」として始めたコメディーのようなブログが本の土台となっている。
 “野球母ちゃんデビュー”から、おいの中学野球までの経験を振り返った。「自分は子育て経験がなく本当の母親ではない」という立場だからこそ強く感じたという母親同士の絆や影の努力、息子への愛の深さなどにも焦点を当てた。
 友人の親も、こぼれ話や野球への思いなどをコラムに寄せた。幼なじみで2017年春の選抜高校野球大会で甲子園出場を果たした静岡高の池谷蒼大投手(現ヤマハ)の母親弘子さん(50)も、甲子園球児を育てた経験や大一番を見守る親の気持ちをありありと記した。
 神川さんは、JR飯田線の歴史秘話をまとめた「飯田線ものがたり」(新評論)の著者の一人。「野球母ちゃん」は四六判、228ページ。税抜き1800円。問い合わせは新評論<電03(3202)7391>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト