静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

古里を応援 モス「桜えびバーガー」、静岡県内で年内販売継続

(2018/12/5 08:28)
県内の店舗だけ年内いっぱい販売延長した「桜えびコロッケバーガー」=4日午前、静岡市駿河区のモスバーガー静岡国一店
県内の店舗だけ年内いっぱい販売延長した「桜えびコロッケバーガー」=4日午前、静岡市駿河区のモスバーガー静岡国一店

 「モスバーガー」を展開するモスフードサービス(東京都)は4日までに、11月20日まで全国で限定販売した、駿河湾産サクラエビを使った「桜えびコロッケバーガー」を、静岡県内38店舗に限り年内いっぱいの販売継続を決めた。メニューを考案した地元店舗の関係者は「深刻な不漁が伝えられる中、古里を応援したい」と話す。
 使用するサクラエビは過去最低の水揚げを記録した春漁以前にメーカーを通じて購入したもの。11月中旬に始まった秋漁でも操業が依然行われない現状などに鑑み、全国販売後の余剰分を各地から集め、地元に“還元”することにした。
 桜えびコロッケバーガーは社内公募の末、発売した9月中旬以降高い支持を集め「国内では駿河湾でしか取れないことを知った」「乾燥ものしか食べたことがなく、改めておいしさを知った」との声が寄せられた。県内店舗でも人気を誇ったという。
 生サクラエビをゆで、ジャガイモやタマネギなどに混ぜ込んだコロッケをバンズに挟んだ。サクラエビは揚げると油に独特の匂いが移ってしまうのが難点だったがコロッケの衣に包むことでクリアした。
 記録的不漁で、水揚げ漁港のある由比・蒲原地区(静岡市清水区)などでも価格高騰や品薄が続く。同社広報IRグループの森野美奈子チーフリーダーは「希少価値が高くなり、手が届きにくくなってしまったサクラエビだが、幸いにも若干の在庫がある。召し上がっていない人はぜひ楽しんで」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト