静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

老後は「おまち」 静岡・呉服町に老人ホーム、体験受け付け開始

(2018/10/19 07:49)
おまち暮らし体験ができる有料老人ホームの一室=静岡市葵区呉服町
おまち暮らし体験ができる有料老人ホームの一室=静岡市葵区呉服町

 静岡市葵区の再開発ビル「札の辻クロス」上階の有料老人ホーム「ロングライフ・クイーンズ静岡呉服町」が18日にオープンした。市は同ホームの一室を貸し出す「葵おまち暮らし体験」の希望者受け付けを開始した。市への移住を検討しているおおむね55歳以上が対象。
 同ホームがある「葵おまち地区」は生涯活躍のまち静岡(CCRC)推進事業の一環で、市が高齢者を中心とした魅力あるまちづくりを進めるモデル地区。「大人のおまち暮らし」をコンセプトに、元気な高齢者を中心に街の活性化を目指している。
 移住体験では生活の利便性や過ごしやすさ、首都圏とのアクセスの良さを体験してもらい、同ホームへの入居だけでなく、市中心部への移住促進を図る。
 体験料は1人1日1500円で、原則1週間以内。希望者は同ホームに常駐している地域コンシェルジュか市移住支援センター(東京)へ。問い合わせは市福祉総務課<電054(221)1335>へ。
 同ホームを巡っては開業直前に運営会社が変更になった影響で、入居開始日が7日から18日に変更されたが、オープンセレモニーは予定通り同日、開かれた。運営会社ロングライフホールディングの遠藤正一社長は「CCRCの静岡プロジェクトを全力で作り上げていきたい」とあいさつした。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト