静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

学生フォーミュラ開幕 県勢3チーム、上位狙う 小笠山運動公園

(2018/9/5 07:52)
車検に臨む静岡大チーム=4日午後、袋井市の小笠山総合運動公園
車検に臨む静岡大チーム=4日午後、袋井市の小笠山総合運動公園

 学生が製作を手掛けるフォーミュラカーの性能を競う「第16回全日本学生フォーミュラ大会」(自動車技術会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が4日、袋井、掛川両市にまたがる小笠山総合運動公園で開幕した。本県から静岡大と静岡理工科大、静岡工科自動車大学校が出場し、上位入賞を目指す。
 国内外の98チームがエントリーした。8日までの5日間でICV(ガソリン自動車)とEV(電気自動車)の2部門に分かれて審査に臨む。
 初日は自動車メーカーの技術者らが審査員を務めて、車両の安全性やブレーキの効き具合など100項目以上を確認する車検が行われた。
 昨年、ICV部門で12位の上位成績を収めた静岡大のチームリーダー村上達亮さん(20)は「昨年のマシンの良い所を残して改良した。サスペンションなど足周りの設計がうまく仕上がった。一桁台の成績を目指す」と語った。
 5日以降、デザインの革新性や生産コストを問う静的審査やコースでのベストタイムや旋回性能を競う動的審査なども実施予定。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト