静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

JR浜松駅、開業130年 記念企画で盛り上げ

(2018/9/1 08:17)
開業130年を迎える駅の在来線ホームに立つ中村友則駅長=31日午前、JR浜松駅駅
開業130年を迎える駅の在来線ホームに立つ中村友則駅長=31日午前、JR浜松駅駅
駅員が考案した記念スタンプ(左)。記念ロゴマークのスタンプも作った(JR東海提供)
駅員が考案した記念スタンプ(左)。記念ロゴマークのスタンプも作った(JR東海提供)

 現在のJR東海道線が敷設され、浜松駅が開業してから1日で130年を迎える。県内で最初に開業した鉄道駅は今、1日当たりの乗車人員が3万7千人を超える一大拠点。記念のロゴマークやスタンプを駅独自に作り、商業施設も特別展を企画するなど、駅を挙げた盛り上げを図る。
 現在の東海道線浜松-大府(愛知県)間は、県内の同路線で最も早い1888(明治21)年に開通した。浜松駅と同時に馬郡(現舞阪)、鷲津の各駅も開業。浜松より東側が開通し、駅ができたのはその後。東京と大阪・神戸方面が直結したのは翌年のことだ。
 郷土史研究家の神谷昌志さん(88)=浜松市中区=によると、当初は今より南寄りの別ルートが検討されたが、地元の陳情で浜松駅は浜松宿の中心に近い現在の場所になった。神谷さんは「鉄道の開通後はにわかに周辺が発展し、中心街が形成されていった。駅がなかったら今の浜松の街はない」と話す。
 街とともに歴史を重ねてきた駅や鉄道に改めて目を向けてもらおうと、JR東海浜松駅は駅員によるプロジェクトチームを結成。記念イベントの企画とともに、ロゴマークとスタンプを作製した。浜松名物のウナギ、ピアノと汽車をモチーフにしたスタンプの図柄は、女性駅員2人が自ら考案した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト