静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

LINEで悩み打ち明けて 静岡県、20日に相談窓口開設

(2018/8/18 16:59)
ライン上でメッセージをやりとりできる相談窓口=17日午後、県庁
ライン上でメッセージをやりとりできる相談窓口=17日午後、県庁

 静岡県は20日、全国的に多い夏休み明けの若者の自殺を防ぐため、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用した相談窓口を開設する。中高生らにとって身近なラインを使い、悩みを打ち明けやすい環境をつくる。17日時点で約900人が、相談窓口を利用できる「友だち」に登録している。
 臨床心理士や精神保健福祉士、社会福祉士らが相談員を務め、いじめや学業、人間関係などの悩みに関するメッセージを直接やりとりする。対応は31日までの平日10日間で、各日午後3~9時。時間外の場合、時間を空けて再度送信するか、24時間つながる電話相談を利用するように呼び掛ける案内文が表示される。
 中高生向けのライン相談は、長野県で先行事例があり、2017年夏の相談実績は2週間で547件だった。16年度1年間の電話相談259件を大きく上回り、これまで相談をためらっていた中高生のすくい上げにつながったという。
 県の16年の年齢階層別死因順位で「10~19歳」の死因トップは自殺。県は県内全ての高校に啓発品を配ったり、ツイッターや検索サイトで「自殺したい」などと打ち込んだ際に広告を表示させるようにしたりしてライン相談をPRし、気軽な利用を呼び掛けている。
 ライン相談は「@shizusoudan」で検索して登録する。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト