静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

エンゼルス、裏方でサポート 静岡の元球児・寺田庸一さん

(2018/7/20 17:02)
エンゼルスの選手にマッサージする寺田庸一さん=6月、米アナハイム(寺田さん提供)
エンゼルスの選手にマッサージする寺田庸一さん=6月、米アナハイム(寺田さん提供)

 米大リーグの大谷翔平選手(24)が所属するロサンゼルス・エンゼルスで、静岡市出身の寺田庸一さん(40)がトレーナー兼マッサージセラピスト(療法士)として選手を支えている。2011年からチームに在籍し、日本のプロ野球より多い年間約160試合を戦う選手の体を丁寧にほぐし、リハビリ指導にも力を注ぐ。「自分が担当した選手が活躍してくれることがやりがい」と話す。
 きめ細やかなマッサージはアルバート・プホルス選手(38)、マイク・トラウト選手(26)ら多くの主力選手に信頼され、寺田さんは試合や練習がない日でも依頼を受けて個別に対応する。右肘を痛めて故障者リスト入りしていた大谷選手はこのほど、打者として戦列に復帰。「試合に出られないもやもやの方が、痛みより強かったと思う。復帰できてほっとした」と胸をなで下ろす。
 寺田さんは静岡市立西豊田小5年で野球を始め、静岡市立高では3年時にエースを務めた。高校の体育教師だった父嘉一さん(70)の影響もあって「スポーツに携わりたい」とトレーナーの道を志し、渡米して資格を取得した。帰国後に知り合った高橋尚成さん(元プロ野球選手、現解説者)の大リーグ挑戦に伴い、10年に通訳兼トレーナーとして再び渡米した。高橋さんはニューヨーク・メッツを経て11年にエンゼルスに移籍。12年に他球団に移ったが、寺田さんはエンゼルスに残った。現在は妻と娘3人の家族5人で、カリフォルニア州アナハイム近郊に暮らす。
 多忙な中でも夏の高校野球は毎年の楽しみで、母校を含め県大会の結果は頻繁にチェックしているという。古里の球児に「仲間とともにいい思い出をつくって」と海の向こうからエールを送る。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト