静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

登場人物に歓声や喝采 客席に一体感「応援上映」好評

(2018/7/7 08:40)
応援グッズを手に劇場へ入る来館者=6月下旬、静岡市葵区のシネシティザート
応援グッズを手に劇場へ入る来館者=6月下旬、静岡市葵区のシネシティザート

 映画の登場人物に観客が歓声や喝采を送る「応援上映」が登場し、静岡県内でも注目されている。物語や映像を味わう映画本来の見方に加え、客席の一体感を楽しむ観賞スタイルが好評。対象の上映回には応援グッズを手にした“サポーター”が続々と詰め掛けている。
 6月下旬、静岡市葵区の映画館「シネシティザート」に、うちわやペンライトを手にした女性ファンが列をつくった。人気アニメの最新作「劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』」の応援上映が、通常の上映回の合間に限定的に組まれた。
 同作の観賞は8回目という女性(21)=沼津市=は「展開は分かった上で、応援の“心得”を予習してきた。雰囲気を満喫したい」と劇場の中へ。「よっ、名探偵」「そうだそうだ!」。時には登場人物に交ざって、ここぞという時は声を一つに、客席の掛け声は連鎖を続けた。
 映画館関係者によると、応援上映は2年ほど前にアニメ作品が先駆けとなって注目を集めた。対象作品は出演俳優やキャラクターに根強いファンがいる作品が多く、コスプレを楽しむ来館者も多い。
 浜松市中区のTOHOシネマズ浜松は昨年、人気俳優主演の戦国ものや学園もので実施した。小原沢梓マネジャー(25)は、「映画は静かに観るというイメージを覆した。映画館に足を運んでもらうための新しい仕掛けになる」と期待する。
 シネシティザートは7月8日、インド映画「バーフバリ 伝説誕生/王の凱旋(がいせん)完全版」で応援の要素を取り入れた「絶叫上映」を行う。タンバリンや小太鼓を鳴らすほか、クラッカーや紙吹雪の使用も認めるなど、祝福ムードを打ち出すという。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト