静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「おばちゃん」が子育て世代応援 御前崎、子ども食堂開設

(2018/6/8 08:22)
河原崎全教育長(左)から委嘱を受けた家庭教育支援員たち=7日午後、御前崎市役所
河原崎全教育長(左)から委嘱を受けた家庭教育支援員たち=7日午後、御前崎市役所

 御前崎市は2018年度、子育て世代を支援する「となりのおばちゃん」事業を始める。元保育士らの市家庭教育支援員が子ども食堂を開設し、子どもとの関わりが手薄になりがちな小学校低学年の親子を中心にサポートする。
 だれでも食堂「もぐもぐ」の名称で子ども食堂を開設し、支援員7人が参加者と交流しながらさまざまな相談に乗る。6月下旬に初回の食堂を開き、その後定期的に実施する計画。詳細な日程や場所は調整している。
 市によると、子どもが小学校に上がった段階で両親が共働きするなどして、子どもに向き合う時間が少なくなるケースが多い。乳幼児期に比べ、相談体制も限られることからそうした保護者への支援を充実させる。
 市役所で7日、支援員の委嘱状の交付式が開かれた。河原崎全教育長は「皆さんの力を借りて子も親も育つ環境をつくりたい」と述べ一人一人に委嘱状を手渡した。支援事業のトレードマーク入りの赤いエプロンも配った。支援員の増田喜己子さん(64)は「親子が少しでも息抜きできる場になれば。来て楽しかったと思えるような食堂にしたい」と意気込んだ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト