静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

初の機能別消防団員誕生 富士市、メンバー確保で導入

(2018/6/3 07:40)
小林団長(左)から機能別団員の辞令を受ける専門学校生ら=富士市消防防災庁舎
小林団長(左)から機能別団員の辞令を受ける専門学校生ら=富士市消防防災庁舎

 富士市消防団に1日、特定の消防団活動だけを行う機能別団員が初めて誕生した。年々減少する団員の確保策の一環で新たに導入した制度。入団を希望した専門学校生2人に同日夜、小林秀己団長が辞令を交付した。応急手当ての普及や火災予防の啓発、消防団への加入促進PRなどを行う。
 機能別団員になったのは同市今泉の岩間隼斗さん(19)と同市田子の外山泰幹さん(18)。2人は自治体消防への就職を目指して専門学校で学んでいて、幼い頃からの夢に一歩でも近づきたくて応募したという。
 岩間さんは「富士市のために少しでも力になりたい」と意気込んだ。外山さんも「PR活動に力を入れて団員を増やせれば」と抱負を語った。
 小林団長は市消防防災庁舎で行った辞令交付式で「2人には新しい風を吹かせて消防団を盛り上げてほしい」と訓示した。
 市消防団は基本団員と機能別団員を合わせ計1030人の定数に対し、1日現在の団員数は808人にとどまっている。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト