静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

岳鉄「本吉原駅劇場」 終電後、ホームで音楽会 富士

(2018/4/10 08:00)
工場を背に演奏を繰り広げる「MAUハンドベルリンガーズ」=7日、富士市の岳南鉄道本吉原駅
工場を背に演奏を繰り広げる「MAUハンドベルリンガーズ」=7日、富士市の岳南鉄道本吉原駅

 富士市東部を走る岳南電車(通称・岳鉄)の本吉原駅ホームで7日夜、ハンドベルコンサートが開かれた。岳鉄の良さを知ってもらおうと活動する市民団体が「本吉原駅劇場」と銘打ち、初めて企画した催し。最終電車終了後の工場夜景を背景にした“ステージ”に繊細なベルの音色が響いた。
 主催したのは地域の課題解決や活性化に取り組む同市の講座「FUJI未来塾」から生まれた団体「富士市情報発信研究会」。メンバーの一人で市内の企業で働く鳥谷可奈子さん(37)=沼津市=が同駅の夜の雰囲気に“一目ぼれ”し、「電車に乗るだけでなく、夜にしかない駅の魅力を知ってほしい」と発案した。
 コンサートは、吉原一中卒の同級生でつくる「MAUハンドベルリンガーズ」が舞台に立った。岳鉄の協力を得て電車でステージに到着したメンバーは、「カノン」や「見上げてごらん夜の星を」などを次々と披露した。ホーム向かい側の商業施設の駐車場には地域住民ら50人以上の聴衆が集まり、幻想的な演奏会を楽しんだ。
 同研究会は11月まで、月1回のペースで劇場を開催する予定。鳥谷さんは「今後は演劇などの舞台にもしてもらいたい」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト