静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

義元公500年祭事業発表 「今川復権」へ静岡の推進委

(2018/3/23 07:09)
企業、団体に使用を呼びかけている旗印「赤鳥」を用いた生誕500年祭のシンボルマーク
企業、団体に使用を呼びかけている旗印「赤鳥」を用いた生誕500年祭のシンボルマーク

 今川義元公生誕500年祭推進委員会(委員長・小和田哲男静岡大名誉教授、事務局・静岡商工会議所)は22日、2019年の500年祭に向けた主要事業を発表した。「今川復権」をテーマに、静岡市ゆかりの今川義元の功績を再評価し、地域活性化につなげるための広報事業などを展開する。
 主要事業は、年4回の今川新聞の発行や、大人向け読本の制作と配布、ゴールデンウイークに駿府城公園で行うプレイベントなど。義元の命日の5月19日には、今川家菩提(ぼだい)寺の臨済寺(静岡市葵区)で今年、「今川霊廟(れいびょう)落慶法要」を行うほか、19年には同寺に義元公の胴塚がある大聖寺(愛知県)の関係者を招いて「合同法要」を行う。20年5月ごろをめどに、シンボルになる義元公の像の制作も検討している。
 同委員会は企業や団体などの今川関連の企画を支援するため、今川家が戦に用いた旗印「赤鳥」を用いたシンボルマークの使用を呼び掛けている。希望する場合の問い合わせは同事務局<電054(253)5113>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト