静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

中継車不要、映像鮮明に 静岡放送が新技術運用開始

(2018/3/14 08:24)
「IPライブ」のシステムを導入してリニューアルしたスタジオ=13日午前、静岡市駿河区登呂の静岡放送の放送センター
「IPライブ」のシステムを導入してリニューアルしたスタジオ=13日午前、静岡市駿河区登呂の静岡放送の放送センター

 静岡放送は今月、スタジオのリニューアルに伴い、情報通信技術をテレビ放送に応用した「IPライブ」の運用を国内で初めて開始した。サッカーの試合中継などで、より多量で鮮明な映像の長距離伝送に対応できるようになる。
 ライブの映像を光回線でスタジオに伝送する「IPライブ」はソニーが開発。昨年から静岡放送と運用テストを繰り返してきた。カメラと持ち運びできるIPライブの機材があれば、カメラの明るさなどの調整もスタジオから遠隔操作できるため、現地の中継車が不要になり人員の削減につながるなどの利点がある。超高精細の4K放送、将来的には8K放送にも対応が可能。
 10日にヤマハスタジアム(磐田市)で行われたサッカーJリーグ1部(J1)のジュビロ磐田-FC東京の試合で初めて実用した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト