静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

無花粉スギを優良品種認定 全国初、静岡県森林・林業研

(2018/3/6 08:24)
国の優良品種に認定された無花粉スギの挿し木苗=5日午前、浜松市浜北区の県森林・林業研究センター
国の優良品種に認定された無花粉スギの挿し木苗=5日午前、浜松市浜北区の県森林・林業研究センター

 雄花をつけるが中に花粉がない「無花粉スギ」を静岡県森林・林業研究センター(浜松市浜北区)が開発し、このほど、国の優良品種に認定された。無花粉スギの開発は富山県や神奈川県なども進める中で、優良品種認定は全国初。花粉症対策と造林の両立につながるという。
 同センターは、親の持つ形質が子や孫に規則性を持って伝わる「メンデルの遺伝法則」を応用。母樹に県産スギ「大井7号」、花粉親に神奈川県産スギ「中4号」を使った。両スギとも花粉はつけるが、形質には現れない「劣性遺伝子」の無花粉遺伝子を持つ。交配してできた無花粉スギを「静神不稔(しずかみふねん)1号」と名付けた。
 国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センターから、成長量や強度、発根性も評価され、2月に同認定を受けた。
 無花粉スギでも挿し木増殖はできるため、今後は県山林育種苗協働組合連合会とも共同研究し、市場出荷を目指す。県森林・林業研究センターの袴田哲司上席研究員は「スギは林業に欠かせないが、無花粉スギで造林すれば多くの人が悩む花粉症対策に役立つ」と話す。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト