静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

別府温泉の湯、熱海に 熊本地震の復興支援で恩返し

(2018/2/16 08:01)
浴槽に別府温泉の湯を注ぐ斉藤栄熱海市長(右)と別府市の猪又真介副市長=15日午後、熱海市の「家康の湯」
浴槽に別府温泉の湯を注ぐ斉藤栄熱海市長(右)と別府市の猪又真介副市長=15日午後、熱海市の「家康の湯」

 熱海市のJR熱海駅前の足湯「家康の湯」に15日、同市の姉妹都市の大分県別府市から別府温泉の湯約7トンが届いた。2016年の熊本地震の際、支援を受けた個人や団体に感謝を込めて湯を配達する事業「別府温泉の恩返し」の一環。
 同日午後1時すぎ、タンクを積んだトラックが到着し、斉藤栄熱海市長や市民が拍手で出迎えた。斉藤市長と別府市の猪又真介副市長がホースで浴槽に湯を注ぐと、待ち構えた市民や観光客が次々と湯に足を浸した。入浴後は「肌がつるつる」「体がぽかぽかと温かくなった」などと笑顔で話した。
 熊本地震後、別府温泉の観光客が落ち込んだため、復興を支援しようと熱海市民61人が16年11月に別府市を訪問。今回の「恩返し」につながった。猪又副市長は「観光が大打撃を受けた時、最初に声を掛けてくれたのが熱海の皆さん。心より感謝している」と述べた。
 湯を運んできた空のトラックは、熱海温泉の湯約11トンを積んで別府市に戻る予定。湯は17日、同市の市営温泉施設「海門寺温泉」に給湯する。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト