静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

英国建築賞に長谷川逸子さん 「刺激と永続的貢献」評価

(2018/2/13 07:35)
長谷川逸子さん(英王立芸術院提供・共同)
長谷川逸子さん(英王立芸術院提供・共同)

 【ロンドン共同】英国で最も権威がある国立芸術学校、王立芸術院(ロンドン)は12日までに、新たに創設した同芸術院建築賞に日本の建築家、長谷川逸子さん(76)=焼津市出身=を選んだと発表した。審査員らは長谷川さんを「日本で最も重要な建築家の一人」と指摘、授賞理由を「建築文化に刺激を与え、永続的な貢献を果たしてきた」としている。
 長谷川さんは関東学院大などで学び、1979年に「長谷川逸子・建築計画工房」を設立。湘南台文化センター(神奈川県藤沢市)や新潟市民芸術文化会館(新潟市)などの公共施設や住宅を手掛けた。
 97年に王立英国建築家協会の名誉会員となり、99年度の日本芸術院賞を受賞。早稲田大などの非常勤講師や米ハーバード大の客員教授も務めた。
 王立芸術院は、長谷川さんの建築について「シンプルな素材を使い、ダイナミックな形でタッチの軽さが特徴」とした。
 審査委員長の著名建築家ルイーザ・ハットンさんは「長谷川さんは優れた才能がありながら、十分評価されてこなかった」としている。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト