静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

清水マリンパークに出張カキ小屋 東北復興支援へ開業 静岡

(2018/1/5 09:10)
三谷さん(左)の思いを聞き、焼きカキを味わう参加者=静岡市清水区の清水マリンパーク
三谷さん(左)の思いを聞き、焼きカキを味わう参加者=静岡市清水区の清水マリンパーク

 静岡市清水区の清水マリンパークに4日、東日本大震災復興支援事業・出張カキ小屋「牡蠣(カキ)奉行」がオープンし、オープンイベントとして子ども食堂が開かれた。同震災で被災した宮城県石巻市の山一水産社長三谷干奈さん(35)が招かれ、子どもたちに津波避難の重要性を訴えた。
 三谷さんは「津波警報が出ても津波が本当に来るとは思っていなかった。避難が遅れて津波が胸の高さまできた」と当時を振り返り、「地震が来たらすぐ逃げる習慣をつけてほしい」と呼び掛けた。
 参加した市内の小学生20人と保護者13人は、三谷さんから震災後のカキ養殖や販売の苦労や思いを聞きながら焼きたてのカキを頰張った。
 カキ小屋を運営する地元の料理店オーナーシェフ増田慎一さん(40)は「東北のものを食べることが復興支援につながることを子どもたちに知ってもらいたい」と話した。
 カキ小屋は2月末まで。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト