静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡大の学生、観光アプリ提案 オープンデータ活用

(2017/10/30 08:35)
観光アプリの開発に向けてアイデアを出し合う学生=28日、浜松市中区の静岡大浜松キャンパス
観光アプリの開発に向けてアイデアを出し合う学生=28日、浜松市中区の静岡大浜松キャンパス

 静岡大情報学部と静岡県、浜松市は28日、県や県内市町のオープンデータを活用したスマートフォン用などの観光アプリの制作に向け、アイデアを出し合う検討会(アイデアソン)を同市中区の同大浜松キャンパスで開いた。
 オープンデータは自治体や事業者が保有し、インターネットなどを通じて誰でも無償で加工・編集などの二次利用ができる情報。データを利用して地域社会に貢献するとともに、学生の情報活用能力を高めようと開催した。
 情報学部や理学部の学生ら30人が班ごとに分かれ、アプリのコンセプトやどんなデータを使うかなどを話し合った。アイデア発表会では、旅行を自動で計画したり、文化財データを用いて県内の人気スポットを提示したりする機能のアプリを提案した。
 インターネット上での中間発表を経て、12月2日にアプリのイメージまたは試験型アプリを完成させる予定。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト