静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

オカリナ奏でる警察署長「音楽の力で防犯目指す」 浜松・天竜

(2017/10/5 10:28)
オカリナを手にする太田署長=天竜署
オカリナを手にする太田署長=天竜署

 天竜署の太田昌志署長が趣味で始めたオカリナ演奏を生かし、防犯講座などで住民から親しまれている。7日夜には、地域イベントの観月会に出演する。「音楽の力で防犯を進めたい」と練習に熱が入る。
 太田署長は約5年前に通信教育でオカリナを始めた。今では音程の異なる四つのオカリナを使い分け、童謡や歌謡曲の多彩な曲を演奏できる。同署では高齢者向けの特殊詐欺被害防止の啓発活動で、昔話を題材にしたオリジナルの紙芝居を使っている。紙芝居の合間に太田署長がオカリナを演奏すると、会場の空気が和らぎ、高齢者が集中して話を聞く雰囲気になると好評を得ている。
 7日に出演する観月会は「“月”でお月見ミニライブ」(杉の里・天龍遊船共同事業体主催)で、浜松市天竜区月の天竜ボート場で午後7時から開かれる。太田署長以外には地元の音楽愛好家グループなどが出演する。太田署長は「見上げてごらん夜の星を」や「里の秋」などの曲を披露し、アンコールでは地元音楽愛好家とセッションする予定。
 同イベントで昨年オカリナを演奏した本島慎也さん(36)=天竜区=は、太田署長が約5年前、前任地の清水署時代に動画投稿サイトで映像を見て感銘を受けた演奏者。天竜署に来て本島さんと偶然出会った時は驚いたという。先輩の本島さんから受けた「少しくらい間違っても思い切って吹く方が心に響く」というアドバイスを胸に、本番に臨む。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト