静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

実家の廃工場、劇場へ改装 富士出身の大学生が「芸術祭」

(2017/9/26 17:10)
廃工場をリノベーションした劇場で上演された劇作品=富士市中里の富士フルモールド劇場
廃工場をリノベーションした劇場で上演された劇作品=富士市中里の富士フルモールド劇場
富士フルモールド劇場
富士フルモールド劇場

 富士市出身の東京学芸大4年長谷川皓大さん(22)が、同市中里の実家の廃工場をリノベーション(改装)し、同市初の民間劇場「富士フルモールド劇場」をこのほどオープンさせた。16~19日にはこけら落としの芸術祭「文化大発電」を開き、延べ300人が来場した。長谷川さんは「劇場を、東海道を行き交う演劇人と地元住民が出会う中継地点にしたい」と意気込む。
 今夏、インターネットで資金を募るクラウドファンディングを活用し、祖父が約10年前に廃業した工場を改装した。芸術祭には長谷川さんが主宰する劇団のほか、高齢者、高校生らが参加する3組の地元劇団、ご当地アイドルが出演。JR東田子の浦駅から徒歩23分の工場地帯に、大音量の音楽と出演者の声が響き渡る“異空間”が現れた。
 自身が演出した演劇作品を芸術祭で披露した、同劇場スタッフの演出家山田カイルさん(24)=東京都=は「他地域から来たアイドルファンと地元の高校生が隣り合って鑑賞するなど、不思議な交わりがじんわりと起きた」と手応えを語る。
 長谷川さんは、同市に劇場を設ける意義について「産業の発展は重要だが、それだけでは息苦しい」と指摘。「富士は古来数々の歌や絵を生み出し、近年は工場夜景が流行するなど特異な文化のある地域。東京と京都間を行き交う人と地域住民が交流し、東海道全域のアートが出会う場にしたい」と話した。今後はワークショップなどの度に劇場を開く。詳細は同劇場ホームページへ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト