静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

CMグランプリ 入賞16作品表彰 静岡県広告協会

(2017/8/10 07:35)
テレビ部門の最優秀賞に輝き、表彰状を受けるエス・トラストの磯部誠社長(左)=9日午後6時ごろ、静岡市駿河区
テレビ部門の最優秀賞に輝き、表彰状を受けるエス・トラストの磯部誠社長(左)=9日午後6時ごろ、静岡市駿河区

 静岡県広告協会(会長・大石剛静岡新聞社・静岡放送社長)は9日、第21回県CMグランプリの表彰式を静岡市駿河区で開いた。テレビ部門で最優秀賞に輝いたエス・トラスト(静岡市駿河区)の企業CM「悩み」など3編、ラジオ部門のコサウェル(沼津市)の「嘘のような本当の話シリーズ」など入賞した計16作品の広告主と広告会社、制作会社を表彰した。
 OA機器販売のエス・トラストは、徳川家康ら歴史上の人物が登場するユニークなCMを展開。表彰状を受けた磯部誠社長は「採用が厳しい中、人材を選べる会社になり、宣伝広告の必要性を痛感した」とあいさつした。システム開発を手掛けるコサウェルの斉藤弘幸社長も「学生向けに、何とか社名を知ってもらいたいとの思いで作ったCM」と話し、受賞を喜んだ。
 グランプリには2016年度に放送されたCMからテレビ部門に78作品、ラジオ部門に20作品の応募があった。大石会長は「CMには世の中を明るくして人々を幸せにする力がある。広告主と広告会社、クリエーターが手を携え、地域を元気づけてほしい」と述べた。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト