静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

直虎ちゃん、家康くんと撮影 浜松市がスマホ向け写真フレーム

(2017/5/3 10:00)
浜松市内の観光スポット4カ所で利用できるオリジナル写真フレームのイメージ
浜松市内の観光スポット4カ所で利用できるオリジナル写真フレームのイメージ

 浜松市は浜松まつりの開幕に合わせて3日から、市中心部の観光スポット4カ所で、AR(拡張現実)を活用したオリジナル写真フレームの提供を開始する。スマートフォンやタブレット端末を操作すると、市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」と「出世法師直虎ちゃん」が画面上に登場し、一緒に記念撮影できる。
 実際に足を運んだ人だけが楽しめる「プレミア感」を売りにして観光誘客や街中の回遊性向上につなげる仕掛け。市の担当者は「会員制交流サイト(SNS)などで写真が紹介されれば、波及効果が期待できる」と語る。
 撮影ポイントは(1)浜松城天守閣周辺(中区)(2)元城町東照宮(引間城跡)の二公像(同)(3)浜松出世の館(同)(4)浜松まつり会館(南区)。それぞれ異なるデザインを用意した。浜松まつり会館バージョンは5日までの浜松まつり期間中に限り、南区のたこ揚げ会場でも提供する。
 利用するには、無料アプリ「COCOAR2(ココアルツー)」のダウンロードが必要。各ポイントで同アプリを起動し、案内板の家康くんや直虎ちゃんのイラストに画面をかざすと、フレームが表示される。
 市は今後、撮影ポイントの増設も検討する方針。担当者は「各フレームを集めた人への特典なども企画できれば」と話している。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト