静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

井伊直平の奮闘知って 浜松・向山さん夫婦、直虎曽祖父の墓守る

(2017/4/23 08:13)
墓の前で井伊直平について説明する向山俊一さん=22日午後、浜松市北区引佐町
墓の前で井伊直平について説明する向山俊一さん=22日午後、浜松市北区引佐町

 浜松市ゆかりの井伊直虎の曽祖父で井伊家20代当主直平の墓を、同市北区引佐町川名地区の向山俊一さん(83)夫婦が守り続けている。自宅敷地内に墓があり、草むしりや花の入れ替えをしている。大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送で墓を訪れる観光客が増加。人知れず手入れしてきた史跡に光が当たり、「井伊家を守った地元の武将を知ってほしい」との思いを強くする。
 直平は後継になる井伊家の男子が次々に戦死する中、高齢ながら家を守るため奮闘した武将。1563年に戦死し川名地区に葬られたとされる。
 現在の墓は江戸時代に再建された。向山さんは井伊家の子孫ではなく、自宅と墓が近くにある経緯は不明だが、家族が代々手入れしているという。
 墓の存在はあまり知られておらず、直平の菩提(ぼだい)寺の関係者が供養に訪れるくらいで来訪者はほぼいなかったが、大河ドラマの放送決定で状況が一変。歴史ファンが県内外から訪れるようになった。妻の貞子さん(77)は「全国的に注目されるとは思いもよらなかった」と驚く。
 墓の見学に役立てようと、地元自治会などが市に要望して直平の生涯を解説した案内板がこのほど設置された。向山さんは「手入れを続けてきて良かった。きれいな状態の墓を見てもらえるよう、手入れを怠らないようにしたい」と話した。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト