静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「ちきゅう」10月に見学会 静岡友の会、17年度計画承認

(2017/4/20 08:09)
2017年度事業計画を承認した総会=19日午後、静岡市清水区の清水文化会館マリナート
2017年度事業計画を承認した総会=19日午後、静岡市清水区の清水文化会館マリナート

 清水港を拠点に、海洋文化都市の形成を目指す「海のみらい静岡友の会」(事務局・静岡商工会議所)は19日、総会と設立1周年記念講演会を静岡市清水区で開き、10月に7年ぶりとなる海洋研究開発機構(JAMSTEC)の探査船「ちきゅう」の一般公開に合わせた船内見学会など2017年度事業計画を承認した。
 記念講演ではJAMSTECの平朝彦理事長が「科学技術が支える海洋立国」と題し、海洋研究の最先端を紹介した。海洋立国・日本の可能性と課題を示し、日本近海に眠る氷状の天然ガス「メタンハイドレート」の研究状況などを解説した。
 新年度、友の会は中高生会員向けサークル「海洋地球倶楽部(仮称)」の設置検討や中部横断自動車道で結ばれる山梨県など内陸の子どもらとの交流事業に取り組む。地元の東海大海洋学部、JAMSTECなどと連携した学習会も継続して実施する。
 会長の酒井公夫静岡商議所会頭は「海洋研究の振興を通じて港周辺のにぎわい創出と、次代を担う青少年の郷土の海に対する意識が向上するよう官民が協力して取り組んでいく」と語った。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト