静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜名湖遊覧船に「なおとら」定期便 5月1日から運航

(2017/4/19 09:23)
大河ドラマに合わせてラッピングした遊覧船=浜松市西区
大河ドラマに合わせてラッピングした遊覧船=浜松市西区
浜名湖SAや気賀桟橋を活用した遊覧船の航路
浜名湖SAや気賀桟橋を活用した遊覧船の航路

 湖上遊覧の船を運航する「浜名湖遊覧船」(浜松市西区舘山寺町)は5月1日、植物園「はままつフラワーパーク」(同町)と大河ドラマ館がある同市北区の気賀桟橋を結ぶルートの定期運航を始める。新たに購入した遊覧船を大河ドラマ仕様にラッピングするなど、“直虎ブーム”を追い風に浜名湖周辺の観光活性化とアクセス向上を狙う。
 同社が新規購入した船はジェット推進の50人乗りで、船名は「なおとら」。水深50センチまでの浅瀬も航行が可能なほか、屋根も付いているので多少の雨でも運航できるという。船内では大河ドラマに関連した史跡の音声案内も流す。
 午前9時から1日5往復し、フラワーパークと気賀桟橋をそれぞれ1時間30分~2時間おきに出発する。片道25分で、運賃は中学生以上千円(小学生500円)。往復券は1400円(同700円)。大河ドラマ館入場券とのセット販売もある。問い合わせは同社<電053(487)0228>へ。

 ■チャーター便も運航 SA発着 23日から
 浜松市北区の東名高速道浜名湖サービスエリア(SA)を発着点に湖上遊覧船事業を続けるNPO「浜名湖観光地域づくり協議会」は、23日から本年度の運航を開始する。5年目となる今年は湖上を巡る従来の定期便に加え、SAと気賀桟橋(同区)や舘山寺町(西区)の浮見堂を結ぶチャーター便も運航して集客を図る。
 運航は11月26日までの土日、祝日。ゴールデンウイーク(4月29日~5月7日)と8月は全日営業する。定期便は浜名湖SAの発着で、舘山寺町の内浦湾や奥浜名湖を約20分かけて回る。気賀桟橋や舘山寺を結ぶチャーター便は、予約した団体客のみ利用できる。
 定期便は中学生以上千円、4歳~小学生は500円。問い合わせは同協議会<電053(487)0152>へ。

静岡暮らし・話題の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト