静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ペットに高度がん治療 17年、長泉に先端病院開業

(2016/6/15 09:07)
建設予定地で実施された地鎮祭でくわ入れの儀式を行う井口賢明さん=14日午前、長泉町下長窪
建設予定地で実施された地鎮祭でくわ入れの儀式を行う井口賢明さん=14日午前、長泉町下長窪
先端医療を提供する動物病院の外観イメージ
先端医療を提供する動物病院の外観イメージ

 犬や猫などペットへの高度ながん手術・治療ができる動物病院が2017年4月をめどに、長泉町下長窪に開業する。国立大の教員らが開業後、専属スタッフを務め、国内の動物病院では珍しいアンギオ(血管造影)装置など最新鋭の医療機器を備える。14日、建設予定地で起工式が行われ、関係者が工事の安全を祈った。
 動物病院の名称は「ウェルディ動物病院(仮称)」。長泉町下長窪の商業施設「ウェルディ長泉」近くで、敷地面積は956平方メートル。鉄骨造り3階建て延べ951平方メートルの建物を建設する。総工費は約7億円。動物への先端医療提供を目的に今春設立された「AdAM(アダム)」(長泉町、井口昭宏社長)が運営する。
 アンギオ装置は、エックス線で体内を透視しつつ血管内にカテーテルを挿入し、病巣に抗がん剤を注入するといった手術ができる。人間に対する治療では一般的だが、動物病院での導入は国内では珍しいという。
 開業時は獣医師と看護師それぞれ5人程度で日中のみ営業する計画だが、1~2年以内に人員を増強して24時間365日稼働し、緊急の医療体制も整える方針。地域の中核的な動物病院となり、治療の技術や知識を県東部の動物病院に伝えることを目指すとしている。
 建設構想を中心的に進めてきた井口社長の父で弁護士の井口賢明さんは「人と動物の共生が叫ばれる中、より高度な動の医療を広めたい」と話した。

ウェルディ動物病院(仮称)
ウェルディ動物病院(仮称)

静岡暮らし・話題の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト