静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

堆積物、17年春に発生か 浜岡原発の廃棄物建屋

(2018/2/9 08:52)

 中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の廃棄物減容処理装置建屋2階で1月に放射性物質を含む粒状の樹脂の堆積物が見つかった問題で、中電は8日、この堆積物は昨年5月に発生した可能性が高いとの調査結果をまとめた。
 堆積物は床面の排水升の周囲で見つかった。昨年5月には同建屋で樹脂を含む廃液の排水手順にミスがあり、地下2階で樹脂が配管を逆流し排水升から噴出するトラブルが生じた。今回の調査で、両方の排水升がつながっていて、廃液の処理作業は昨年5月に1回しか行っていないことが判明。これらの結果から1月のトラブルの発生時期を判断した。
 同建屋の配管内に小型カメラを入れて調査したところ、2階と地下2階で計3カ所、内部に堆積物があるのが確認された。地下2階の配管は昨年5月のトラブルを受けて点検した。その際は見つかっておらず、後日何らかの形で堆積したとみられるという。
 1月に堆積物が見つかった排水升につながる配管は施工と図面が異なっていることが分かっているが、2階でもう1カ所、同様の場所があることも判明した。中電は、これらの原因についてより詳細な調査を行う。

浜岡原発の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト