静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

一般廃棄物処分の申請完了 浜岡5号機・旧低圧タービンロータ

(2017/8/31 08:21)

 中部電力は30日、浜岡原発5号機(御前崎市佐倉)の旧低圧タービンロータで、車軸約151トンの放射能濃度を測定した結果、法令で定められる基準値内だったと発表した。国のクリアランス制度適用に向け、結果の確認を原子力規制委員会に申請した。申請は6回目で、同ロータ計約524トンの申請をすべて終えた。
 同制度は、放射濃度が極めて低く、人の健康への影響が無視できる解体撤去物などは放射性物質として扱う必要がなく、国の確認を得れば一般廃棄物や再利用品として処分できる仕組み。
 中電によると、2014年11月に初回の申請を行い、これまですべて国から確認を受けた。同ロータは06年6月、羽根が脱落し原子炉が自動停止するトラブルが発生して取り換えた。

浜岡原発の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト