静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

建屋造らず保管検討 浜岡原発の乾式貯蔵、規制委方針受け

(2017/8/17 07:47)
現行計画の乾式貯蔵施設のイメージ図(中部電力提供)
現行計画の乾式貯蔵施設のイメージ図(中部電力提供)

 中部電力は浜岡原発(御前崎市佐倉)で計画している使用済み核燃料を一時保管する乾式貯蔵について、貯蔵のための建屋を造らず、使用済み核燃料を入れた金属製の専用容器(キャスク)のみでの保管に向け検討に入った。16日までに関係者が明らかにした。原子力規制委員会の検討チームが6月、キャスクでの貯蔵に関し「建屋の設置は前提としない」との考え方を示したことを受けた。
 中電は従来通り、建屋を造ることも含め慎重に検討しているが、建屋を造らなければ約300億円と見積もる建設費の圧縮や工期の短縮、使用済み核燃料の貯蔵容量を増やせるなどの効果が見込まれる。乾式貯蔵施設は、水や電気を使わず使用済み核燃料を空気の自然循環で冷やす施設。5年ほど原子炉建屋の燃料プールで冷やした後、取り出して同施設に移す。
 同施設に関する現行の基準は、キャスクに除熱や密封、放射線の遮蔽(しゃへい)など安全を確保する基本的な機能を要求し、耐震性も最も厳しいSクラスを求めている。一方、建屋は一般産業施設と同等のCクラスと規定している。
 規制委の検討チームは6月、キャスクで使用済み核燃料を安全に保管するという考えは変えず、建屋について巨大地震などで大規模損傷する事態なども考慮し、設置は前提としないとした。キャスクの材料は、放射線照射の影響や腐食など経年変化に耐えられるものとするよう定めた。規制委は今後、この考え方に基づき具体的な規則や適合性審査のガイドを策定する。

浜岡原発の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト