静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜岡原発に電源設備追加を検討 中電、規制委要求踏まえ

(2017/7/20 08:32)

 中部電力は19日、浜岡原発(御前崎市佐倉)の重大事故を想定した代替電源の確保策で、設備の追加を検討していることを明らかにした。4号機の適合性審査で原子力規制委員会から求められたことを踏まえた対応。市議会全員協議会で報告した。
 中電は、外部電源の喪失や建屋内の非常用ディーゼル発電機などが使用不能になった場合でも、原子炉の冷却が維持できるよう高台にガスタービン発電機を整備した。
 ただ、規制委は5月下旬の適合性審査でガスタービンも含め、すべての交流電源が喪失した場合を想定し、事故発生から24時間以内の対策として直流電源の整備を求めた。中電の担当者は同協議会で「追加対策の必要性も含めて検討している」と述べた。
 代替電源に関しては、18日に浜岡原発を視察した規制委の更田豊志委員長代理は「ガスタービン発電機を免震構造の上に載せているのは国内唯一」と評価した一方、「電源についてはまだ議論を続ける」と述べた。

浜岡原発の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト