静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

浜岡原発協力金、3号機着工前後に集中 立教大所蔵資料で判明

(2017/5/11 08:58)
浜岡原発増設時などに中電と直接交渉してきた佐対協の記録。膨大な文書が所蔵されている=10日午前、東京都豊島区の立教大
浜岡原発増設時などに中電と直接交渉してきた佐対協の記録。膨大な文書が所蔵されている=10日午前、東京都豊島区の立教大

 中部電力浜岡原発1~4号機(御前崎市佐倉)の建設に際し、中電とのパイプ役を務めた地元の住民組織「佐倉地区対策協議会(佐対協)」に中電から渡された協力金で、30億円余りとされる総額のうち約18億円が3号機着工(1982年)前後に集中的に渡されていたことが、10日分かった。佐対協に関する資料を所蔵する立教大(東京)が追加公開した文書で判明した。 
 文書は「秘 佐対協基金台帳 平成8年3月31日決算」としるされた書類。協力金については、これまでも手書きのメモなどは公開されたが、基金台帳という正式な書類で分かるのは初めて。浜岡原発の建設が申し入れられた翌68年度からの毎年の協力金の額や基金残高、取り崩し額などが一覧にまとめられている。
 台帳によると、2号機増設までの協力金は累計2億6千万円程度だが、3号機の増設申し入れ後の81~86年度までの6年間は4億5千万円(85年度)、2億7千万円(83年度)など計約18億円が入金されている。3号機の着工前には、東海地震説の発表(76年)や米国スリーマイルアイランド原発事故(79年)が発生。地元住民の不安は高まり、増設の交渉は難航していた。
 基金残高は4号機着工後の91年度の24億円がピーク。記録が存在する最終年度の95年度末は21億2千万円が残っていた。基金残高は佐対協の役員でも一部しか知らされていないとされる。

浜岡原発の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト