静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

放射性物質の堆積物 中電「外部漏えいなし」 浜岡原発

(2017/5/3 08:00)
発見された放射性物質を含む粉状の堆積物=2日午後、御前崎市佐倉の浜岡原発(中部電力提供)
発見された放射性物質を含む粉状の堆積物=2日午後、御前崎市佐倉の浜岡原発(中部電力提供)

 中部電力は2日、浜岡原発(御前崎市佐倉)の廃棄物減容処理装置建屋の地下2階(放射線管理区域)で同日午後2時半ごろ、放射性物質を含む粉状の堆積物が見つかったと発表した。外部への漏えいや影響はないという。
 中電によると、同建屋は放射性物質を含む可燃ごみや液体を処理する施設。巡視中の協力会社の社員が堆積物を見つけた。中電社員が確認したところ、排水ます5カ所の床面にピンク色のビーズのような樹脂の堆積物が広がっていた。放射能量を測定した結果、1平方センチメートル当たり最大141ベクレルで、法令に基づく基準値(同40ベクレル)を超えたため、原子炉施設保安規定に基づき、立ち入り制限を講じた。原因を調べた上で、処理するという。
 立ち入り制限を行ったのは2009年12月に3号機補助建屋で放射性廃液の漏えいがあった時以来。堆積物が見つかった場所は毎日巡視している。1日午後2時の段階では堆積物は確認されなかった。中電は安全協定に基づき県と、浜岡原発から半径5キロ圏の予防防護措置区域(PAZ)、同31キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の計11市町に通報した。
 中電から報告を受けた原子力規制庁の担当者は「原子力規制委員会にただちに報告する重大な事案ではない」としている。

浜岡原発の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト