静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

環境放射能調査「異常なし」と報告 浜岡原発、連絡会専門部会

(2017/3/25 09:00)

 中部電力浜岡原発から31キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある7市町(磐田、袋井、島田、藤枝、焼津市、森、吉田町)と静岡県、中電で構成する浜岡原発周辺環境安全連絡会の専門部会が24日、藤枝市で開かれた。県や中電などが7市町で実施する環境放射能調査結果で異常がなかったことなどが説明された。
 2016年7月に7市町と中電、県が安全協定を結んだ後、7市町の担当課長級らが委員となる専門部会の開催は初めて。
 初会合では中電の担当者が、安全協定に基づいて7市町の上水と土壌1カ所ずつ計14カ所で新たに実施している環境放射能調査を紹介。17年2月の調査結果では異常がなかったと報告した。
 委員からは調査方法に対する質問が上がった。17年度も引き続き県や7市町、中電で環境放射能測定を進めていく方針を確認した。
 専門部会は、7市町の首長らでつくる連絡会全体会のうち、担当課長級らが集まって地域環境の安全を監視するのが目的。年2回、会合を実施していく。

浜岡原発の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト