静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「電源も水も供給可能」 浜岡の燃料プール、中電社長が強調

(2016/11/23 08:04)

 中部電力の勝野哲社長は22日、東京電力福島第2原発3号機の使用済み核燃料プールの冷却システムが同日午前に一時停止したことに関し、「浜岡原発(御前崎市佐倉)では外部電源が失われても移動式の設備などで電源や水は供給できる」と述べ、安全対策が講じられていることを強調した。名古屋市で開いた定例記者会見で答えた。
 中電によると、浜岡原発では3~5号機の燃料プールに計6542体の使用済み核燃料が保管されている。いずれも約30度に冷却されている。冷却水が失われ続け、使用済み核燃料が水から露出するまで、最短でも39日程度あるという。
 東電福島第2原発3号機では、燃料プールの冷却水を循環させるポンプが自動停止した。浜岡原発で仮に循環ポンプが使用不能になれば水を補給するポンプのほか、可搬型のポンプで注水する。外部電源が失われた際は建屋内の非常用ディーゼル発電機を用い、それも使えなくなれば敷地の高台に配備したガスタービン発電機などから供給する。

浜岡原発の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト