静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「ベントの適切施工を」 地元、浜岡4号機工期遅れで

(2016/9/27 17:45)

 中部電力浜岡原発4号機(御前崎市佐倉)の重大事故対策装置「フィルター付きベント(排気)」で、不適切な施工が見つかり工期が予定の9月末に間に合わないことが分かった問題で、同市や市議会などからは27日、適切な施工や報告を求める声が上がった。
 同市原子力政策室の担当者は「フィルター付きベントは重要な設備。適切な施工をお願いしたい」と話した。20日には市議会原子力対策特別委員会が開催され、市議らがベントも視察した。出席した市議の一人は「不適切な施工や工期の遅れについての説明はなかった。公の場できちんと説明してほしい」と求めた。
 県原子力安全対策課の担当者も「原因を解明してほしい。県としても毎月実施している定期点検の中で確認していく」と語った。
 不適切な施工に関しては、フィルター付きベントの配管(直径5センチ)を固定する金具の一部が折れ、それに伴いコンクリート壁がはがれるなどした。

浜岡原発の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト