静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

規制委が移転了承 浜岡原発の事故対応拠点施設

(2016/6/8 17:15)

 原子力規制委員会は8日、定例会合を都内で開き、中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)で原子力災害発生時の対応拠点となるオフサイトセンターを、現在の同市池新田から牧之原市坂口に移転する妥当性を議論して了承した。
 東京電力福島第1原発の事故では、原発から約5キロしか離れていなかったオフサイトセンターが放射線量の上昇などで使えなかった。このため県は、浜岡原発から約2キロに位置する現在のオフサイトセンターを、約20キロ離れた静岡空港隣接地に移転する計画を進めている。
 新しいセンターは免震構造の鉄筋コンクリート造り3階建て。新センターが使用できない場合の代替え施設には、県庁別館(静岡市葵区)、県浜松総合庁舎(浜松市中区)を挙げている。
 内閣府は原子力災害対策特別措置法に基づき、同じく移転する福島第1、第2原発のオフサイトセンターを加えた3施設が要件を満たすかどうか、規制委に意見を求めていた。委員からは、福島第1原発のオフサイトセンターの移転先選定の経緯を尋ねる質問が出た。
 新センターについて、内閣府は7月1日に指定する予定。

浜岡原発の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト