静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡DCAT始動 関係団体が連携、災害関連死防げ

(2017/10/8 11:50)
体が不自由な人の移送訓練に取り組む静岡DCAT隊員ら=9月上旬、静岡市駿河区
体が不自由な人の移送訓練に取り組む静岡DCAT隊員ら=9月上旬、静岡市駿河区

 ■全国的な派遣体制整備途上
 静岡DCATは、県社会福祉協議会が事務局を担い、活動場所は県内外を想定している。被災した自治体から県を通じて応援要請を受け、事務局がチームを編成して派遣する。
 福祉に特化した支援チームは全国的に整備が始まったばかりで、名称や体制、活動内容は県ごとに異なる。災害派遣医療チーム(DMAT)や災害派遣精神医療チーム(DPAT)と異なり、統一的な全国組織はまだ存在しない。
 先進的な事例として、岩手県は、東日本大震災の際に避難所でボランティアとして支援活動を行った福祉従事者から制度化の要望を受け、同様のチームを整備した。2016年に熊本地震の被災地で初めて活動を行った。
 静岡DCATには正式な隊員以外にも約130人が協力を申し出ている。県社協は正式隊員を増やすため、登録のための研修会を今後も年2回程度開き、隊員のフォローアップ研修も実施する予定。

「いのち守る」紙面掲載記事の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト