静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

古民家保存へ動的耐震診断 静岡県古民家再生協会

(2016/7/10 11:15)
古民家に合わせた動的耐震診断で使う地震計を屋根裏に設置する古民家再生協会メンバー=6月16日、湖西市
古民家に合わせた動的耐震診断で使う地震計を屋根裏に設置する古民家再生協会メンバー=6月16日、湖西市

 日本の文化を伝える古民家住宅を後世に残そうと、県古民家再生協会(富田道明代表理事)が伝統工法に合わせた耐震補強方法の普及を進めている。熊本地震で改めて住宅の耐震化に注目が集まる中、富田代表理事は「伝統工法は揺れをいなす柔構造で、決して地震に弱いわけではない。適切な耐震補強で、古民家の文化的価値を損なわず、安心して住み続けてほしい」と訴える。
 古民家に明確な定義はないが、同協会は玉石基礎の上に大黒柱を乗せる伝統工法で建てた築50年程度以上の住宅を対象にしている。一般的な耐震診断は文字通り揺れに耐える剛構造が基準。建築面積に対する壁の量を基に判断するため、開口部の多い古民家は著しく耐震度が低くなる。
 同協会が取り組むのは、動的耐震診断で建物固有の揺れの特性を解析するやり方。診断方法は、地盤と建物にそれぞれ地震計を設置し、車両通過などで発生するわずかな振動の伝わり方を調べる。柱や梁(はり)の太さ、シロアリ被害の有無など、屋根裏から床下まで450項目をチェックする古民家鑑定の結果と合わせ、耐震改修の必要性を判断する。同協会中部支部の三ツ井仁支部長は「古民家には先人の知恵が詰まっている。一般住宅とは別の、伝統工法を理解した診断が必要」と指摘する。
 

「いのち守る」紙面掲載記事の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト