静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

避難所運営の役割確認 静岡市訓練、児童生徒らトイレ設営

(2018/9/2 07:53)
自衛隊員の指導を受けてテントを組み立てる生徒ら=1日午後3時ごろ、静岡市駿河区の市立中島中
自衛隊員の指導を受けてテントを組み立てる生徒ら=1日午後3時ごろ、静岡市駿河区の市立中島中

 「防災の日」の1日、静岡市は避難所を設営、運営する「協働訓練」を同市駿河区の市立中島中で行った。2日に同区で実施される「総合防災訓練」の一環。地元の自主防災会、児童生徒、市職員など約200人が参加し、役割分担、連携などを確認した。
 児童生徒は同校のグラウンドなどで、テントや仮設トイレの設営を体験し、自衛隊員の指導で協力して素早く組み立てた。炊き出しを行い、仮設風呂も利用した。
 参加者は校内に宿泊し、2日に同区の中島浄化センターで行われる総合防災訓練に臨む。
 駿河区役所地域総務課の草分裕美課長は「起こりうる事態を想定し、どのような避難所にすべきか話し合っていきたい」と各団体との協議の重要性を強調した。
 富士市や伊東市、湖西市などでも1日、市町主体の防災訓練を実施し、大規模災害への備えを確認した。

防災・減災の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト