静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

脱線想定、復旧対応 JR東海が地震訓練 静岡

(2018/8/31 12:30)
障害のある乗客役を社員が背負って車両から線路上に誘導した訓練=31日午前、静岡市葵区のJR東海静岡車両区
障害のある乗客役を社員が背負って車両から線路上に誘導した訓練=31日午前、静岡市葵区のJR東海静岡車両区

 JR東海静岡支社は31日、防災週間(8月30日~9月5日)に合わせ、大規模地震による列車の脱線や設備の損傷などを想定した災害復旧訓練を、静岡市葵区の同社静岡車両区で実施した。
 南海トラフを震源としたマグニチュード(M)9・0の巨大地震が発生し、東海道線藤枝―六合間を走行中の下り普通電車が脱線、線路設備などにも支障が出たとの想定。同社の社員ら約100人が参加した。
 訓練では、障害のある乗客役を社員が背負って車両から線路上に誘導したり、作業員が油圧式ジャッキなどを使って脱線車両の復旧に当たったりした。壊れた枕木や架線の修復などにも取り組んだ。
 同社が新たに導入した運転士のタブレット端末を活用し、現場の被災状況を撮影・報告する取り組みの手順も確認した。
 同支社は5日までに、津波発生を想定した避難誘導や設備復旧の訓練などを県内11カ所で実施する予定。

防災・減災の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト