静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

県民善意9100万円寄託 静岡新聞社・静岡放送

(2018/8/30 07:44)
日本赤十字社県支部の橋本知之事務局長(右)に義援金の目録を手渡す北村敏広顧問(中央)と大村治事務局長=29日午後、静岡市葵区
日本赤十字社県支部の橋本知之事務局長(右)に義援金の目録を手渡す北村敏広顧問(中央)と大村治事務局長=29日午後、静岡市葵区

 7月初旬に発生した豪雨での被災者救援を目的に「西日本豪雨災害義援金」を募った静岡新聞社・静岡放送と静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団は29日、寄せられた浄財9100万円を日本赤十字社県支部に寄託した。
 義援金は7月12日か約1カ月の間に1772の個人、企業、団体などから受け付けた。静岡新聞社・静岡放送の北村敏広顧問と静岡新聞・静岡放送文化福祉事業団の大村治事務局長が静岡市葵区の日赤県支部を訪れ、橋本知之事務局長に目録を手渡した。浄財は日赤県支部や被災した自治体が設置する「義援金配分委員会」を通じて被災者に届けられる。
 北村顧問は「多くの県民の善意が集まった。一日も早い復旧を願っている」と述べ、橋本事務局長は「温かい支援に感謝の気持ちでいっぱい。被災者に早くお届けできるよう手続きを進めていく」と語った。
 日赤県支部は12月末まで義援金を受け付けている。

防災・減災の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト