静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新幹線で緊急時対応訓練 JR東海、三島車両所

(2018/8/22 17:00)
不審者(中央)への対応訓練に取り組む参加者=22日午後、三島車両所
不審者(中央)への対応訓練に取り組む参加者=22日午後、三島車両所

 JR東海は22日、静岡県警と協力し、東海道新幹線の運行中における不審者への対応や大規模災害の発生など、緊急事態に備えた訓練を三島市一番町の三島車両所で実施した。
 東海道新幹線で6月に刃物を持った男に乗客3人が殺傷された事件を踏まえた対策や、駿河湾を震源とする巨大地震の発生などを想定した取り組み。乗務員や警備員ら約200人が参加した。
 不審者の対応訓練では、同社が配備を進める防護盾や刺股などの使い方を警察官が説明した。新幹線の車内で凶器を持つ暴漢への対処法も訓練。耐刃チョッキや手袋を身に着けた乗務員が「落ち着いてください」などと大声を出しながら犯人を制止して乗客を避難させ、駆け付けた警備員や警察官が取り押さえる流れを実践した。
 同社が6月の殺傷事件後、複数の乗務員が緊急時の状況を即座に共有するため導入した、スマートフォンのグループ通話で同時に会話できる新たなシステムも活用した。避難誘導訓練では専用のはしごを使い、パーサーらの案内で乗客を車両から降ろす手順などを確認した。

防災・減災の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト